クレジットカードの審査に落ちてしまう人って?

クレジットカードの審査に落ちてしまう人って?

ショッピング枠現金化を実行する為には、今クレジットカードを所有していて、尚且つショッピング枠の残高が有ることが前提です。

 

でも、これからクレジットカードを作ろうとしている人は、本当に審査に通るのでしょうか?既にお持ちの方も2枚目以降の作成については、1枚目の利用状況がスコアリングに絡んできますので、1枚持っているから2枚目も大丈夫という保証はされていません。

 

初めてなら特に心配になりますが、所有していない状況でショッピング枠現金化を希望する場合、作成申し込みから最短でも2〜3週間前後の日数を要しますし、現在その状況にある方につきましては非現実的な金策方法となってしまいます。

 

ショッピング枠現金化のために初めてカードを作るのは不安

 

クレジットカードを申し込むことが初めてだという人は、お金を借りたことがほとんどないはずです。

 

あっても携帯電話の割賦代金ぐらいでしょうか?誰もがクレジットカードの利用を許されているわけではなく、一定の基準を満たす必要があるわけです。

 

なぜならクレジットカードは個人の信用が肝心で、クレジットカードの勧誘も多いとは思いますが、ネットコンテンツの需要によって日本国内における発行枚数は常に右肩上がりです。

 

もし初めて申し込みをするのであれば、最初はクレジットカードの利用履歴もありませんから、ショッピング枠も50万円以下辺りで希望しましょう。

 

※収入が有ってその対象ですので、働いていない学生や主婦なら審査落ちが目に見えています。

 

年齢や定収入などの一定基準を満たせば作れるクレジットカード

 

与信を受ける為には審査が当然必要ですよね?逆の立場で考えれば変な人に使ってほしくないですからね。

 

審査基準は点数で表され、点数が高いほど評価が高くなります。

 

クレジットカードを所有出来たと言う事は、一定の信用があるという表れでもあり、多少なりとも困った時には借金をする事も出来ます。

 

利用して実績を積み重ねるからこそ、価値が増幅されるのがクレジットカードです。

 

クレジットカードはスコアリングと言われる評価項目が存在しており、勤務先・勤続年数・年齢・年収・居住年数・借金・電話回線・・・さらには信用情報機関への照会で、ローンなどの借り入れ状況、携帯電話の支払履歴も参照された上でクレジットカードが発行されます。

 

クレジットカードの加入の勧誘は集客と購入促進

 

誰でもクレジットカードに加入し、利用できる権利はもちろん有ります。

 

正社員で働いていれば、ほぼ作れるといってもいいでしょう。

 

クレジットカードを発行する会社もステイタス性や利便性をアピールしています。

 

提携カードでは、入会すると様々な特典がついていますが、これは「加入したい」と思わせる為の戦略であり、根底には利用者を増やし、自社の商品やサービスを利用してもらうことです。

 

発行のハードルが低い会社ほど、ショッピング枠現金化に利用されている場合も多いのかもしれませんね。

 

まとめ

 

最初は利用履歴もありませんから、年齢や定収入といった一定の基準を満たし、個人の信用情報を照会して発行が決定されます。

 

クレジットカードは、集客は自社商品・サービスの購入を促すものです。

 

加入しやすいタイプはショッピング枠現金化に利用されやすいようです。