ショッピング枠現金化は未成年(学生)も大丈夫?

ショッピング枠現金化は未成年(学生)も大丈夫?

ショッピング枠現金化の利用条件としてよく定義されているのは、まずは持っている事が第一前提であり、与信枠の残高の範囲内と言われています。

 

ということはですよ、年齢や職業に関わらずこの条件を満たすことが出来れば、換金は出来るという解釈が出来ますよね?未成年者や学生でもクレジットカードを所有する事は事実上可能ですので、逆に高齢でも大丈夫なのか、いろいろと比較サイトに掲載されている情報を調べてみました。

学生専用にプログラムが組まれたメニューがある

これはクレジットカード会社が提供するサービスを指し、換金業者が提供するものではありません。

 

クレジットカード会社としても利用者を増やさなければならず、それがこれまでに取得条件に達しなかった年代は、まさに格好の見込み客な訳で、当然与信枠は高くは有りませんが、もはや誰もが所有出来る時代が到来しています。

 

なかには学校が発行元となって在校生やOB向けに発行している希少なモノもあります。

 

未成年者でもショッピング枠現金化が出来る状態がこれで整いましたね?未成年者でもショッピング枠現金化を試みる事が出来る状態となっていますが、果たして業者は請け負うものなのか、掲載されている情報や問い合わせの内容を元に記述しますと、「断られます」。

 

これは買取式であれば特に分かりやすい事由が有り、20歳以上(学生含む)の本人確認が取らずに売買を請け負う事は、古物営業法上で禁止に規定されており、処罰される対象にあるからです。

 

他にも未成年者の購買行動におきましては、保護者の責任問題に発展する事により、自立した考え方が出来る様になると一般的に言われている20歳を超えてからという年齢制限がどの業者も設定されているようです。

 

しかし、比較サイトにて未成年でも大丈夫というタイトル付で紹介していた業者に問合せた結果がこのような形ですので、比較サイトが嘘の情報を並べているということになりますね。

 

そのような運営者の特徴と致しまして、記事のタイトルに「18歳(未成年)でも無審査でお金を借りられる」と入れ、結末はショッピング枠現金化業者の申込みへ誘導しています。

 

肝心の内容につきましては、未成年者とショッピング枠現金化の関係について掘り下げた内容では無く、なぜかいきなり換金についての説明になるのですが、ちょいちょうい未成年でも利用できるとする記述をします。
悪意ある運営者ですが、いろいろと調べますと某都道府県に在住している5,60歳前後の方の様で、若者を餌食にする悪意ある運営者がいる事を考えますと、情報発信者の顔が見えない事の恐ろしさを感じます。