ショッピング枠現金化の他にまずやること

ショッピング枠現金化の他にまずやること

ショッピング枠現金化の他にまずやることがある、と当サイトでは考えます。

 

他の方法があるのにコチラを選択してしまうと、最悪な状況に陥った時のコトまで掘り下げて考えると明白なのですが、債務整理を行う上でショッピング枠の支出については免責されない可能性が高いからです。

 

そうなりますと信用情報機関上においてブラックリスト(金融事故記録)の履歴が残されますので、「ショッピング枠現金化でやらかしたから、正規の業者に申込みをしよう」などと考えても、申込みは出来ても審査で通らないという事態が待ち受けています。

 

仕方なく利用される方にとっては最後の手として残しておく事が好ましいのですが、それでは他の金策方法って何があるの?という事になりますが、数は少ないものの冷静になって考えてみれば意外にも身近に、リスクを出来るだけ抑えた形で実行できる手段はありますのでご紹介していきます。

  1. 売れる物は売る
  2. 非常にベターな方法ですが、最もリスクが無い金策であり、失うモノはその品と思い出でしょうか。

     

    車やバイク、自転車に装飾品から電化製品など、苦しい状況を打破する為には血と汗が滲む努力が求められていますからね…これくらいはしなければなりません。

     

  3. ゴメンナサイをする
  4. こんな状況に一個人のプライドなんてクソです。

     

    親族・知り合い・上司に泣き付いて見てはいかがでしょうか?当然煙たい顔をされますが、援助・借金を出来たらラッキーくらいの強靭な精神力を持って挑んでみてはいかがでしょうか。

     

  5. 行政に相談する
  6. なんと本年度春に、生活支援制度がスタートしたことをご存知でしょうか?これは相談員が親身になって解決策をプランニングしてくれる福祉サービスで、相談できる人が周りに居なかったり、これまでの行政では考えられなかった具体的支援策となっています。

 

他にもオススメは出来ませんが、正規の貸金業者や金融機関傘下のカードローンが有りますが、どれも営利目的で運営されている事により広告のデザインや文言による脳みそへの刷り込み戦略が尋常ではありません。

 

良くも悪くも情報が錯綜しておりますので、今後はより消費者の自己責任と判断の重要性が高まるのではないでしょうか?リテラシーも悩みも個々で異なりますので、断定的に「コレはコレ」「アレはアレ」と断言できることは皆出来ないのです。

 

誰もが教えてくれないからこそ、自分から踏み込む必要があると感じます。