クレジットカードで買える商品券・ギフト券の存在

クレジットカードで買える商品券・ギフト券の存在

ショッピング枠現金化で購入する商品は、できるだけ換金性の高い物がいいはずです。

 

でも換金回数を重ねれば重ねるほどに、利用停止や退会の危険性が増加すると言われておりますから、どんな商品券がいいのか、換金性の高いものがあるのか?事前に知っておくと鬼に金棒ではないでしょうか。

 

クレジットカードで買える商品券が狙い目

 

商品券を買ったショッピング枠現金化をする場合、換金率が100%になることはないので、できるだけ100%に近い換金率の媒介物が選択されますが、基本的に商品券と言えば現金でしか買えないものもとする認識が一般的です。

 

しかし、クレジットカードで購入できる商品券が実は存在しており、具体的にはクレジットカード会社発行(国際ブランド)の商品券・ギフトカード、さらにはAmazonギフト券がその代表例として挙げられており、これらは総じて換金率が高く、98%以上でも買い取ってくれる場合があります。

 

さらに利用する機会の多い、全国デパートの商品券やクオカードも高換金率で金券ショップで取引されていますが、現金購入が基本的な入手方法ですからショッピング枠現金化には不向きな商品と言えます。

 

Amazonギフト券は例外と致しまして、他の有名商品券につきましては有効期限が無いこと、加盟店も多いことから捌けやすいとし、換金率も高くなっています。

 

だからと言って繰り返し決済を行うと、買った履歴が残っていますから換金目的での利用がバレてしまいますのでやり過ぎに注意してください。

 

有効期限に注意!

 

紙の商品券なら無期限で利用できる商品券も、ギフトカードやネットで発行されたものには、有効期限が設定されていることがあります。

 

つまり、そのまま持っていると、利用できなくなる恐れがあります。

 

せっかく買ったギフト券も、利用期限が切れたことで、一気に無価値になってしまうことがあるので要注意であり、これが買取価格に影響する一要因とされていますので、逆に期限が無い商品券程、買取をする側も楽に販売する事が出来る仕組みです。

 

利用期限のあるギフト券のショッピング枠現金化と言えば、Amazonギフト券です。

 

近年になって換金によく悪用されますが、有効期限が1年〜3年で期限が切れても一度だけ延ばせるようですが、うっかりミスのために用意された方法で、新しい有効期限でAmazonギフト券が発行されるようです。(あくまでも一回のみの救済措置だそう)

 

こんな商品券は換金率が低い

 

逆に換金率の低い商品券とはどのようなものでしょうか?商品券は何か物を買って欲しいために相手に贈るもので、根本的に換金するものではありません。(ここ肝心)

 

そのため、汎用性の低い商品券が換金率が低く設定される要因で有る事は前述したように、ビール券やグルメ券は既にその商品を買って欲しいがために贈るもので換金しにくいことから、ショッピング枠現金化には向いていません。

 

その他、デザインが特殊なものや、古いもの、汚れているギフト券・商品券は誰が考えても分かる事ですが換金率は低くなります。

 

まとめ

 

クレジットカードで買える商品券やギフト券もありますが、種類が限られています。

 

汎用性が高いと換金率も高くなります。

 

利用用途が限定されている商品券は換金率が低くなります。