ショッピング枠現金化は何で良くないのか

ショッピング枠現金化は何で良くないのか

ショッピング枠現金化を専業とするお店は、つい最近になって誕生した訳では無く、それこそ十数年以上のマーケットの歴史があると考えられます。

 

公式に関連省庁が特設ページを開いて注意喚起を始めたのは、2010年前後。

 

その後も根絶されるコトなく専業業者が存在しており、挙句には消費者目線や当局の視線を逸らすことを目的にしているのか、媒介物を世界的企業が発行するギフト券の売買に鞍替え、さらには売買を仲介するサイトとして六本木ヒルズに登記するなど、決して表には出ませんが巨額のお金が動いている事が分かります。

 

「良くない事ですよ」と普及活動が行われているにも関わらず、実際はこの現状ですからショッピング枠現金化は需要が高いのでしょう。

 

悩んでいる状況をいち早く解決できる方法として、あらゆるサービスが世の中に有る中で圧倒的なスピードで工面できるのはショッピング枠現金化ならではと言えますが、何しろ筋道立てて考えれば業者に利益を生み出す構造になっていますので、利用をすることで100%を超える換金を実現する事は不可能です。

 

メリットを紹介する比較・口コミ系サイトはたくさんありますが、デメリットについて記述されているページが少なく、多くの比較検討者がこの"気付き"に対して機会損失をしていると当サイトでは考えます。

 

ネット上に存在するショッピング枠現金化のデメリットについて要点を押さえましょう。

  • そのままの金額は換金出来ない
  • 相手はボランティア事業で運営されている事はありませんので当たり前のことです。

     

  • 業者によっては違法な取引である場合も
  • これまで逮捕された業者があるように、取引内容によっては利用者にトラブルが及ぶ可能性も。

     

  • 支払い期限に支払いが出来ないと信用を失う
  • 利用したら利用分の請求が来ますので、支払いが出来なければクレジットカードを利用できなくなります。

     

  • 債務整理上の免責が下りません
  • ショッピング枠の債務は私利私欲の利用である側面を考慮されている為に、他の債務とは違う扱いになっています。

このように、デメリットである項目の一つ一つが非常に重たいと言いますか、一時的な出来事の為に金策をするリスクとして考えるとその負担の割合が大きい気がしませんか?

 

無理して利用する必要がショッピング枠現金化には存在しない事を理解して頂けたのではないでしょうか。