ショッピング枠現金化に用いられる方法とは?

ショッピング枠現金化に用いられる方法とは?

ショッピング枠現金化は業者にクレジットカードを送って手続きして貰う事ではありません。

 

実際にそのような方法で利用者を集めているのでしたら、極めて犯罪に近い行為に加担する恐れがあります。

 

私自身、日頃から業者のホームページや比較サイト、さらには金融系サイトをチェックし金策に関する情報を収集している中で次のような場面に出くわした事があります。

 

実体験として上記の様にクレジットカードを対面で渡す事で、残高が無くても枠を増やすことが出来ると言うのです。

 

その当時は別に現金に困っている事は無く、調査の目的で問い合わせをしたまでで手続きを進める事は有りませんでしたが、この場合ですとクレジットカードの悪用、既存番号を用いた偽造の作成、あるいは作成に関するヒント等を与える機会になっている恐れがあります。

 

話が逸れましたが、ここで本来のショッピング枠現金化の方法に用いられる手段について下記に記述していきます。


買取(三点方式)によるショッピング枠現金化

この換金において最も理解しやすい代表的な取引は、パチンコの特殊景品の換金では無いでしょうか?「遊戯する人(金景品を受け取る)」「遊技台を設置する人(金景品を渡す)」「買取所(買取金を渡す)」という三者の立場の存在によって合法に成り立っています。

 

これが二者だけだと、パチンコにつきましては違法賭博に当たるようで今でも時々パチンコ店が検挙されることもありますね。

 

あとはリサイクルショップやブランド買取品ショップなども同様であり、業務内容は左記の事をしているが集客の謳い文句として「ショッピング枠現金化」をアピールする事に関しては違法でなく、今現在においても街の看板広告や新聞の広告欄でも掲載されています。

キャッシュバック(特典・景品)によるショッピング枠現金化

これも世の中の仕組みとして既に浸透している方法を用いた換金方法で、キャッシュバックをする事自体が法律違反とする条文条項はありません。

 

例えば、携帯電話の端末はあまりにも有名ですが、その他にも大手家電量販店による現金と同等に使えるポイントのキャッシュバック、他にも製品を買う事によってこのサービスを受けられるとして広告展開をしている業者は、何もショッピング枠現金化業者だけでは無い事が、検索をすればすぐに理解できます。


換金方法が比較のポイントでは無い

ショッピング枠現金化業者の比較において、こうした換金方法の違いによって優劣が付くことはありません。

 

しかし、その業者によって手続きの時間や手数料が異なりますので、方法を焦点とする見方をしなくても利用者にとってはあまり関係が無いと言えます。