2016年12月

私自身もなぜショッピング枠現金化と出会ったのか、そのキッカケは何なのか、ハッキリと覚えている事はないのですが、某大手探偵会社が運営しているメディアサイトで当時人気編集者だった方がこのサービスを紹介していた事は覚えています。

 

後は街中に貼られている捨て看板の存在でしょうか?それでも抽象的な表現で「あなたのショッピング枠を現金化します!」とか書いてあって電話番号がある位ですから、さらに詳しい手続きやリスクについて知ったのは実際に買い取り式の業者に申し込みをした事で初めて知りました。

 

仕組みを知りますと、以外にも法律の抜け道を上手く付いているようで本当によくこういう事を思いつくもんだと逆に関心致します。

 

しかもショッピング枠現金化は業者に委託するだけでなく、実は個人でも出来る方法がある事が紹介されていました。

 

激裏情報サイトでは有料コンテンツとして販売されていますが、誰でも当たり前にできる事ですから特にお金を取ろうなんて考えてもいませんしね(笑)

 

家電やゲームの新製品・新作をクレジットカードで購入する

 

既にこの位の内容は周知されているかもしれませんが、一応お伝えしましょう。

 

クレジットカードで購入する事でカード会社からポイントの付与を受けることもできるメリットはもちろんですが、購入した商品をそのまま買取店に持って行ってしまえば新製品・新作が持ち込まれた時点で「こいつは換金目的だ」と足元を見られた買取価格にされてしまいます。

 

そこで、ネットオークションやCtoCで直接取引できるサイトやアプリを使いますと、見込み客は全国に広がりますのでその各地で新製品・新作が手に入らなかった人たちにとっては願ったり叶ったり。

 

欲しいモノをお金を使って手に入れたいのですから、お客さんは意外なところに潜んでいるのです。

 

Webサービスや各種セミナーのクレジットカード決済

 

これは検索してもなかなか見つからない情報かもしれませんが、私が実際にこれを成功させた実体験です。

 

Webサービスの多くでクレジットカード決済が用いられています、ヒントとして見出しには記述していますが広まっても迷惑になってしまいますのでやんわりとさせていただきますが、クレジットカード決済の裏側には決済手数料というものが存在しています。

 

これは決済した金額に決められた掛け率で手数料が計算され、それを支払う必要があるのですが、さらにキャンセルとなりますと上乗せの手数料が掛かる事があり、それならば現金で返金した方が安く済むという事になるからです。

 


 

他にも探せば見つかるかもしれませんが、個人的に行う場合には業者に申し込みをするよりも自ら換金行為を率先しているのですから、当然リスクも大きい事を認識してください。

続きを読む≫ 2016/12/16 17:54:16