審査は無いけどリスクが有るショッピング枠現金化

審査は無いけどリスクが有るショッピング枠現金化

買い物やオンラインショッピングによく利用される存在を一体どうやって換金に結び付けているのだろうか・・・そんなチャンスあるの?と思う方は、ただ所有しているだけになってはいませんか?

 

発行元が違えば特典内容も違いますし、細かい話ですが割賦払い(リボルディング・分割)を選択した際の利息料率も異なるのです。

 

このような業者間での違いや優遇については批判合戦となってしまいますので、各社は特典内容をアピールする事で発行者数を伸ばしているのですが、当サイトはそんな業界の敵とも言える"ショッピング枠現金化"についてご紹介しましょう。

 

ショッピング枠現金化は違法ではないが詐欺も多いことを知っておく

 

キャッシングがあるのに、ショッピング枠現金化って、そんなややこしい手法を使う必要があるのでしょうか?これもキャッシングが利用できない人やキャッシング枠の残高不足でショッピング枠は残っている、そんな方々に需要があると言われています。

 

しかし、それを専業とする業者の取引方法に不備が有りますと事業者側が違法と判断されるケースもあり、クレジットカード会社は認めていませんので利用者に対する動きも有って当然ですが公けにはされるコトがありません。

 

さらに現金を振り込まない、キャンセル時の法外なキャンセル料の請求、顧客情報の横流しなど、詐欺・悪徳と判断される業者の存在も事実とされています。

 

そうしたことを裏の裏を知って、換金を希望するのであれば優良業者と取引する為の知識を求めていかなくてはなりません。

 

ここで注意・・・ショッピング枠現金化は、あくまでも裏ワザ的金策で有る事もよく知っておくべきです。

 

ショッピング枠現金化で多いのが冠婚葬祭

 

冠婚葬祭は、付き合いの多い人なら必ずといっていいほどありますし、毎月のように出席する人も多いわけです。

 

立て続けに結婚式があったら、それだけで数十万円が飛んでしまいますな・・・結婚式のお祝いは、友人や先輩なら絶対に断りにくく、金額も奮発したくなります。(見栄を張りたいのが人の心)

 

だからこそ、いつもよりも無理してお金を用意するわけです。

 

そんなときにショッピング枠現金化を利用すれば、キャッシングの履歴も残らず普段通りの請求書の中で支払いをする事になります。

 

スピードも正規の貸金業者やその他要らない物を売る、人に頭を下げるなどのどんな金策よりも速く実現できるからこそ、イザというときに利用しやすいと言われる所以です。

 

専業主婦が利用するケース

 

専業主婦は収入がありません・・・そして、キャッシングを申し込む場合でも、無収入だとその時点で審査落ちになります。

 

子供がいる家庭ほど、いろいろな費用が嵩みますね?塾や習い事の費用、医療費も突然必要な場合があります。

 

旅行や食費などの様々な機会・経験は全てお金と引き換えに手に入れるものですから、キャッシングが無理ならショッピング枠現金化で「一時的」に赤字を補填することができます。

 

スピーディーに金策、そして内緒で工面したコトも家族にあまり知られることがありません。

 

もしものときは割賦払いの選択があるが為に、家計の苦しい時に内緒で利用する主婦も多いようです。

 

基本的には利用しない事が大切

 

ショッピング枠現金化はダメ!でも実際には利用する人がたくさんいますので、確かに心情は分かります。

 

メリットやデメリットを良く知り、実際に利用するケースは、冠婚葬祭や主婦の赤字補填などです。

 

簡単に出来ることは事実ですので、利用者は意外と多いのかもしれません。

 

ショッピング枠現金化以外にも策はある

 

なんやかんやでショッピング枠現金化のコことばかり書き込んでおりますが、関連団体が注意喚起をしているように、僕も基本的にショッピング枠現金化業者を利用する前に考える事があるのでは?と言いたいタチです。

 

決済したらお金が増えた〜♪・・・なんてことは一切起こりませんからね。

 

もし比較検討中にご覧になっていただいている方のためにも、ぜひショッピング枠現金化業者に申込みをする前に、現状で出来る精一杯の作戦を僕なり考えてみました。

 

まずはネットオークション

 

「持っているものを売る」ということです。

 

本、CD、ゲーム、洋服など、いらないものを売れば部屋も片付いて一石二鳥です。

 

また、金欠度によっては時計やバイクなどの高価なものも売ることですぐにたくさんのお金が入ってくるでしょうし、やはり物を売るならリサイクルショップに持ち込んで売るよりはネットオークションの方が高く売れます。

 

ブックオフで売るとお店はあなたの商品を変わりに売ってくれるので簡単なのですが、その反面代行する分を差し引いた額で買い取られるので高くは売れませんので、お客さんに直接販売できるオークションの方が利益をマルマルもらえて稼げます。

 

オークションと言えばヤフオクが有名ですが、有名な分ライバルもたくさんいますし量が多いので、「売れる可能性は高いけどあまり高く売れない」という印象がありますが、そこを背に腹は代えられない状況ですから「必ず売り抜ける」という強い信念を持って挑みましょう。

 

またブランド品を売るならやはり専門業者がおすすめです。

 

家に眠っている貴金属やブランド品などに関してはオークションよりも業者に買い取ってもらった方が確実に高く買い取ってくれます。

 

買取業者は高く売れる転売ルートを持っているので、個人に売るよりも高い額が付くことがよくあります。

 

売る物が無いなら・・・ショッピング枠現金化

 

ショッピング枠現金化とは、簡単に言うと普段ご利用されているカードの余っている与信枠である【ショッピング枠】を利用して換金するというサービスですが、なぜ一番手の金策では無いかと言いますと手数料が発生する仕組みになっており、100%を超えるパーセンテージが示されることがあり得ないからです。

 

物を換金する術が無いのであれば、苦しい選択肢しかありませんが深夜・早朝にアルバイトの様に労働力を現金化するのか、媒介物を通し与信枠を利用するほかは有りません。

 

気になる返済ですが、普段使っているクレジットカード会社にしてもらいますので、銀行や消費者金融等のキャッシングに比べると、低金利で利用する事ができるで支払方法もご利用のカードによっては一括払いや分割払い、そしてリボ払いといった状況に合わせて利用が出来るので都合が良い取引です。


クレジットカードを持っていれば審査不要、そして簡単な手続きで日本全国どこからでもサービスのご利用が可能ですが、後で後悔する事の無いよう家族に援助をお願いする事も検討するべきではないでしょうか。

ショッピング枠現金化の古くからの手法として、買取方式という方法があります。

 

この方法は、クレジットカードで換金性が高い商品を購入し、それを転売することで現金を手に入れるという方法です。

 

インターネットのない時代でもこの方法でショッピング枠現金化は存在し、主に主要都市の駅前にある店舗型の業者で取引を行うことが主流でした。

 

今でも駅前を歩くと店舗型の業者はいますが、インターネットの発展によって無店舗型での業者が主流になりました。

 

換金性が高い商品ということですが、昔から取引に利用されている商品としては、新幹線のチケットや商品券の類があります。

 

新幹線のチケットであれば、よく利用されている区間の回数券などを業者が指定し、これをクレジットカードで買って持って来れば指定の換金率で買い取るという仕組みです。

 

現在でもこの方法を利用している業者は存在しますが、クレジットカード会社は換金性が高い商品のクレジットカード決済には目を光らせています。

 

新幹線のチケットは昔から利用されていることもあり、現在では決済に制限がかけられていることが多く、そもそもクレジットカードで買えないこともしばしばあります。

 

この状況から、業者は別の新しい商品を利用してショッピング枠現金化を行っています。

 

業者も知恵を働かせている

 

ここ数年、媒介する商品の1つにアマゾンギフト券を取り扱う業者が増えてきました。

 

アマゾンギフト券は、大手ショッピングサイトのアマゾンで利用できるギフト券であり、アマゾンが拡大していく中でその換金性もどんどんと高くなっていきました。

 

業者はこのアマゾンギフト券がクレジットカードで購入できることに目を付けて、取り扱いをはじめました。

 

アマゾンギフト券はコンビニなどでも買えますが、インターネットで購入できることもあり、ネット上の無店舗型の業者も利用を始めました。

 

利用が始まった当初は利用者も少なく、クレジットカード会社としてもアマゾンギフト券を介するショッピング枠現金化を把握していなかったので問題なくアマゾンギフト券を購入できていました。

 

しかし、現在では業者、利用者の数も多く、クレジットカード会社もその利用実態を把握するようになったためにアマゾンギフト券の購入を制限されるということが多くなりました。

 

1回の利用であればまだしも、頻繁に購入するとクレジットカードになにかしらの制限がかかる可能性が高いことを覚えておいた方がいいでしょう。

続きを読む≫ 2017/02/07 14:22:07 2017年02月

ショッピング枠現金化は業者にクレジットカードを送って手続きして貰う事ではありません。

 

実際にそのような方法で利用者を集めているのでしたら、極めて犯罪に近い行為に加担する恐れがあります。

 

私自身、日頃から業者のホームページや比較サイト、さらには金融系サイトをチェックし金策に関する情報を収集している中で次のような場面に出くわした事があります。

 

実体験として上記の様にクレジットカードを対面で渡す事で、残高が無くても枠を増やすことが出来ると言うのです。

 

その当時は別に現金に困っている事は無く、調査の目的で問い合わせをしたまでで手続きを進める事は有りませんでしたが、この場合ですとクレジットカードの悪用、既存番号を用いた偽造の作成、あるいは作成に関するヒント等を与える機会になっている恐れがあります。

 

話が逸れましたが、ここで本来のショッピング枠現金化の方法に用いられる手段について下記に記述していきます。


買取(三点方式)によるショッピング枠現金化

この換金において最も理解しやすい代表的な取引は、パチンコの特殊景品の換金では無いでしょうか?「遊戯する人(金景品を受け取る)」「遊技台を設置する人(金景品を渡す)」「買取所(買取金を渡す)」という三者の立場の存在によって合法に成り立っています。

 

これが二者だけだと、パチンコにつきましては違法賭博に当たるようで今でも時々パチンコ店が検挙されることもありますね。

 

あとはリサイクルショップやブランド買取品ショップなども同様であり、業務内容は左記の事をしているが集客の謳い文句として「ショッピング枠現金化」をアピールする事に関しては違法でなく、今現在においても街の看板広告や新聞の広告欄でも掲載されています。

キャッシュバック(特典・景品)によるショッピング枠現金化

これも世の中の仕組みとして既に浸透している方法を用いた換金方法で、キャッシュバックをする事自体が法律違反とする条文条項はありません。

 

例えば、携帯電話の端末はあまりにも有名ですが、その他にも大手家電量販店による現金と同等に使えるポイントのキャッシュバック、他にも製品を買う事によってこのサービスを受けられるとして広告展開をしている業者は、何もショッピング枠現金化業者だけでは無い事が、検索をすればすぐに理解できます。


換金方法が比較のポイントでは無い

ショッピング枠現金化業者の比較において、こうした換金方法の違いによって優劣が付くことはありません。

 

しかし、その業者によって手続きの時間や手数料が異なりますので、方法を焦点とする見方をしなくても利用者にとってはあまり関係が無いと言えます。

続きを読む≫ 2017/01/19 16:03:19 2017年01月

私自身もなぜショッピング枠現金化と出会ったのか、そのキッカケは何なのか、ハッキリと覚えている事はないのですが、某大手探偵会社が運営しているメディアサイトで当時人気編集者だった方がこのサービスを紹介していた事は覚えています。

 

後は街中に貼られている捨て看板の存在でしょうか?それでも抽象的な表現で「あなたのショッピング枠を現金化します!」とか書いてあって電話番号がある位ですから、さらに詳しい手続きやリスクについて知ったのは実際に買い取り式の業者に申し込みをした事で初めて知りました。

 

仕組みを知りますと、以外にも法律の抜け道を上手く付いているようで本当によくこういう事を思いつくもんだと逆に関心致します。

 

しかもショッピング枠現金化は業者に委託するだけでなく、実は個人でも出来る方法がある事が紹介されていました。

 

激裏情報サイトでは有料コンテンツとして販売されていますが、誰でも当たり前にできる事ですから特にお金を取ろうなんて考えてもいませんしね(笑)

 

家電やゲームの新製品・新作をクレジットカードで購入する

 

既にこの位の内容は周知されているかもしれませんが、一応お伝えしましょう。

 

クレジットカードで購入する事でカード会社からポイントの付与を受けることもできるメリットはもちろんですが、購入した商品をそのまま買取店に持って行ってしまえば新製品・新作が持ち込まれた時点で「こいつは換金目的だ」と足元を見られた買取価格にされてしまいます。

 

そこで、ネットオークションやCtoCで直接取引できるサイトやアプリを使いますと、見込み客は全国に広がりますのでその各地で新製品・新作が手に入らなかった人たちにとっては願ったり叶ったり。

 

欲しいモノをお金を使って手に入れたいのですから、お客さんは意外なところに潜んでいるのです。

 

Webサービスや各種セミナーのクレジットカード決済

 

これは検索してもなかなか見つからない情報かもしれませんが、私が実際にこれを成功させた実体験です。

 

Webサービスの多くでクレジットカード決済が用いられています、ヒントとして見出しには記述していますが広まっても迷惑になってしまいますのでやんわりとさせていただきますが、クレジットカード決済の裏側には決済手数料というものが存在しています。

 

これは決済した金額に決められた掛け率で手数料が計算され、それを支払う必要があるのですが、さらにキャンセルとなりますと上乗せの手数料が掛かる事があり、それならば現金で返金した方が安く済むという事になるからです。

 


 

他にも探せば見つかるかもしれませんが、個人的に行う場合には業者に申し込みをするよりも自ら換金行為を率先しているのですから、当然リスクも大きい事を認識してください。

続きを読む≫ 2016/12/16 17:54:16 2016年12月

他の比較サイトでも掲載されている情報ではありますが、年々ショッピング枠現金化業者の数が減っているとされ、トラブルの相談窓口となっている国民生活センターにおける公表数を見ましても、その動きは明白です。

 

総量規制が施行される前には、これまで借金によって成り立っていた生活をさらに崩す恐れがあるとして、一部改正に反対する動きも有りました。

 

しかし、これは結果的に消費者金融業界を再編する動きになったことにより、そちら側の意見を取り持つ方々の声が有ったのではないかと思いますが、結果的に債務を抱える人は少なくなり、消費者金融の数も減りました。

 

その業界で働く方にとっては災難な話だったのかもしれませんが、総量規制を受けない貸金業の仕組みは法改正後も残されており、それの周知に時間を要する事になりましたが、この期間が最もショッピング枠現金化が利用されたのではないかと当サイトでは考えます。

 

年収の1/3が上限になる・・・これが先行して広がりを見せたコトで、法改正の中身なんて一般庶民にすぐに浸透するわけが有りませんから、アフィリエイターを利用して実は総量規制の影響を受けない貸金業者の存在が浸透しているようです。

 

金融機関傘下に入った貸金業者がまさにそれに該当し、金融機関が資本になることで世界的に見ても特に低金利で、消費者保護の観点が強い日本の業界でも、薄利でも耐えうるだけの資金力がバックボーンにありますので、あらゆる金策の王様として君臨しています。

 

こうなりますと、ショッピング枠現金化を選択する人は貸金業者に断られた利用者だけとなりますが、既に収支がおかしなことになっている状況の人の全てがこの方法を選ぶ理由もないでしょう。

 

社会問題化されたのは2011年頃でしたでしょうか?既に廃れ始めている業者は、Amazonギフト券を利用することで利用者の間口を広げようと試みているようですが、各市場の取引総額を調べてみても、ごく狭い市場で有る事は明らかです。

 

換金市場が積極的にネット・アナログ媒体で利用者をかき集めていますが、対価を持った取引を発行元が認めていない事に加え、詐欺師たちの換金手段になっている実態を公安委員会がどう捉えるのか、チケット商の組合はこれを黙って指をくわえて何もしないのか、今後が注目されています。

 

いずれにしても債務者が減っているという事は、社会的にも素晴らしい事であり、世界を見渡してもこれだけ低金利で借金を出来る国は日本くらいですから、そもそもショッピング枠現金化が無くても良い社会が有ります。

続きを読む≫ 2015/11/23 14:19:23

最盛期よりも業者の数も減りましたが、比較するサイトも減少しております。

 

これはある時期に公安委員会がショッピング枠現金化をおすすめしている広告主に対して掲載を降ろすように促した事が一つの要因とされており、実際に長年に渡って運営しているところはありません。

 

2〜3年周期で検索結果が入れ替わっており、googleの順位決定要素が変わったことも後押しとなりまして、中身の無い比較サイトは淘汰されていき、今に至ります。

 

そんな中で、「ショッピング枠現金化 マニュアル」と検索をしてみると、換金する事を指南する内容が記述されている比較サイトを見つけました。

 

基本的に推奨されているのですが、その理由につきまして内容をまとめますと、以下になります。

  1. 便利
  2. 通常では出来ない与信枠を手元で掴み取れる・・・まあ一理あります。

     

  3. インターネットで出来る
  4. 実店舗も有りますが、確かにネットで出来るならば手間では無いです。

     

  5. 多重債務者でも大丈夫
  6. ・・・ムムッ!?より困難な状況に陥る可能性について一切危惧していません!!

     

  7. 職が無い人も大丈夫
  8. どうやって支払うつもりなんでしょう?というか他人事だからってこんな紹介の仕方はあり得ませんよね。

このように、とりあえず非の打ちどころが無い金策として紹介されているのですが、後半で記述したように困っている方に向けてとても有益では無い情報、いやむしろ悪い状況に陥れるようにリードさせている内容すらあります。

 

無職でも専業主婦でも年金受給者にもおすすめと言う事ですが、いずれも適さないことは真面な思考の持ち主であればそれが馬鹿げていると理解できるはずです。

 

しかし、当事者からするとこのような言葉に縋る思いで比較検討をされている中で、こうしたアナウンスをされている状況が普通に、誰の目にも見える状況にあると考えますと非常に恐ろしいことではないでしょうか。

 

昔から上手い話にはなんとやら、とよく言ったもので、世の中の常識が覆せるような画期的な金策は無いと理解してください。

 

何かを得るためには何かを失う社会ですが、既に首が回らない状態で策を講じても、自転車操業であり、雪だるまが転がって大きくなっていくことと同じことであり、終わりの無い地獄への入り口であるコトを理解してください。

続きを読む≫ 2015/11/23 13:01:23