債務整理を依頼できる専門家とは?

債務整理を依頼できる専門家とは?

債務整理は専門家に依頼したほうがいいという話をよく見聞きしますが、専門家といっても誰に相談すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、債務整理を依頼できる専門家についてお話ししていきましょう。

 

債務整理ができるのは弁護士と司法書士だけ!

結論から言うと、債務整理ができるのは弁護士と司法書士のみになります。

 

逆に言えば、弁護士と司法書士以外の専門家に債務整理を依頼しても受け付けてもらえません。

 

資格も何も持っていない人が「債務整理の依頼受け付けてますよ〜」なんて言われても絶対に依頼しないようにしましょう。

 

実際に、債務整理を謳った詐欺は多くなっていますので、注意しておきましょう。

 

債務整理を業務としておこなうことができるのは弁護士と司法書士だけなのですが、それぞれで取り扱うことのできる業務の範囲が違ってきます。

 

弁護士であれば債務整理は基本的に何でもOKです。

 

しかしながら、司法書士になると任意整理や過払い金請求において1社あたり140万円以上を超える手続きはできません。

 

また、司法書士は裁判手続きを代理でおこなうことはできません。

 

あくまでも書面でのサポートのみとなります。

 

同じ専門家であっても、対応できる業務の範囲に差があるのです。

 

一概にどちらがいいとは言えない

債務整理は弁護士や司法書士といった専門家に依頼することができるのですが、弁護士と司法書士というふたつの選択肢があるとやはり「どちらがいいのか?」と考えてしまうものです。

 

業務の範囲だけを考えれば弁護士のほうがいいように思えるかもしれませんが、一概にどちらがいいとは言えません。

 

というのも、弁護士にしても司法書士にしても、それぞれがどれくらいの力を発揮してくれるのかわかりませんし、人としての相性面もあります。

 

どんなに腕のいい専門家であっても、人としての相性が悪ければうまくいくものもうまくいかなくなってしまうかもしれません。

 

インターネットで口コミや評判などを集めてみるのもひとつではありますが、結局のところは自分の目で判断していくしかありません。

 

債務整理を専門家に依頼するのであれば、自分にとってピッタリの専門家を見つけるようにしましょう。

 

実際に会ったり電話をしたりして、判断していくのがベストです。