審査は無いけどリスクが有るクレジットカード現金化

審査は無いけどリスクが有るクレジットカード現金化

買い物やオンラインショッピングによく利用される存在を一体どうやって換金に結び付けているのだろうか・・・そんなチャンスあるの?と思う方は、ただ所有しているだけになってはいませんか?

 

発行元が違えば特典内容も違いますし、細かい話ですが割賦払い(リボルディング・分割)を選択した際の利息料率も異なるのです。

 

このような業者間での違いや優遇については批判合戦となってしまいますので、各社は特典内容をアピールする事で発行者数を伸ばしているのですが、当サイトはそんな業界の敵とも言える"クレジットカード現金化"についてご紹介しましょう。

 

クレジットカード現金化は違法ではないが詐欺も多いことを知っておく

 

キャッシングがあるのに、クレジットカード現金化って、そんなややこしい手法を使う必要があるのでしょうか?これもキャッシングが利用できない人やキャッシング枠の残高不足でショッピング枠は残っている、そんな方々に需要があると言われています。

 

しかし、それを専業とする業者の取引方法に不備が有りますと事業者側が

 

違法と判断されるケースもあり、クレジットカード会社は認めていませんので利用者に対する動きも有って当然ですが公けにはされるコトがありません。

 

さらに現金を振り込まない、キャンセル時の法外なキャンセル料の請求、顧客情報の横流しなど、詐欺・悪徳と判断される業者の存在も事実とされています。

 

そうしたことを裏の裏を知って、換金を希望するのであれば優良業者と取引する為の知識を求めていかなくてはなりません。

 

ここで注意・・・クレジットカード現金化は、あくまでも裏ワザ的金策で有る事もよく知っておくべきです。

 

クレジットカード現金化で多いのが冠婚葬祭

 

冠婚葬祭は、付き合いの多い人なら必ずといっていいほどありますし、毎月のように出席する人も多いわけです。

 

立て続けに結婚式があったら、それだけで数十万円が飛んでしまいますな・・・結婚式のお祝いは、友人や先輩なら絶対に断りにくく、金額も奮発したくなります。(見栄を張りたいのが人の心)

 

だからこそ、いつもよりも無理してお金を用意するわけです。

 

そんなときにクレジットカード現金化を利用すれば、キャッシングの履歴も残らず普段通りの請求書の中で支払いをする事になります。

 

スピードも正規の貸金業者やその他要らない物を売る、人に頭を下げるなどのどんな金策よりも速く実現できるからこそ、イザというときに利用しやすいと言われる所以です。

 

専業主婦が利用するケース

 

専業主婦は収入がありません・・・そして、キャッシングを申し込む場合でも、無収入だとその時点で審査落ちになります。

 

子供がいる家庭ほど、いろいろな費用が嵩みますね?塾や習い事の費用、医療費も突然必要な場合があります。

 

旅行や食費などの様々な機会・経験は全てお金と引き換えに手に入れるものですから、キャッシングが無理ならクレジットカード現金化で「一時的」に赤字を補填することができます。

 

スピーディーに金策、そして内緒で工面したコトも家族にあまり知られることがありません。

 

もしものときは割賦払いの選択があるが為に、家計の苦しい時に内緒で利用する主婦も多いようです。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化はダメ!でも実際には利用する人がたくさんいますので、確かに心情は分かります。

 

メリットやデメリットを良く知り、実際に利用するケースは、冠婚葬祭や主婦の赤字補填などです。

 

簡単に出来ることは事実ですので、利用者は意外と多いのかもしれません。

他の比較サイトでも掲載されている情報ではありますが、年々クレジットカード現金化業者の数が減っているとされ、トラブルの相談窓口となっている国民生活センターにおける公表数を見ましても、その動きは明白です。

 

総量規制が施行される前には、これまで借金によって成り立っていた生活をさらに崩す恐れがあるとして、一部改正に反対する動きも有りました。

 

しかし、これは結果的に消費者金融業界を再編する動きになったことにより、そちら側の意見を取り持つ方々の声が有ったのではないかと思いますが、結果的に債務を抱える人は少なくなり、消費者金融の数も減りました。

 

その業界で働く方にとっては災難な話だったのかもしれませんが、総量規制を受けない貸金業の仕組みは法改正後も残されており、それの周知に時間を要する事になりましたが、この期間が最もクレジットカード現金化が利用されたのではないかと当サイトでは考えます。

 

年収の1/3が上限になる・・・これが先行して広がりを見せたコトで、法改正の中身なんて一般庶民にすぐに浸透するわけが有りませんから、アフィリエイターを利用して実は総量規制の影響を受けない貸金業者の存在が浸透しているようです。

 

金融機関傘下に入った貸金業者がまさにそれに該当し、金融機関が資本になることで世界的に見ても特に低金利で、消費者保護の観点が強い日本の業界でも、薄利でも耐えうるだけの資金力がバックボーンにありますので、あらゆる金策の王様として君臨しています。

 

こうなりますと、クレジットカード現金化を選択する人は貸金業者に断られた利用者だけとなりますが、既に収支がおかしなことになっている状況の人の全てがこの方法を選ぶ理由もないでしょう。

 

社会問題化されたのは2011年頃でしたでしょうか?既に廃れ始めている業者は、Amazonギフト券を利用することで利用者の間口を広げようと試みているようですが、各市場の取引総額を調べてみても、ごく狭い市場で有る事は明らかです。

 

換金市場が積極的にネット・アナログ媒体で利用者をかき集めていますが、対価を持った取引を発行元が認めていない事に加え、詐欺師たちの換金手段になっている実態を公安委員会がどう捉えるのか、チケット商の組合はこれを黙って指をくわえて何もしないのか、今後が注目されています。

 

いずれにしても債務者が減っているという事は、社会的にも素晴らしい事であり、世界を見渡してもこれだけ低金利で借金を出来る国は日本くらいですから、そもそもクレジットカード現金化が無くても良い社会が有ります。

続きを読む≫ 2015/11/23 14:19:23

最盛期よりも業者の数も減りましたが、比較するサイトも減少しております。

 

これはある時期に公安委員会がクレジットカード現金化をおすすめしている広告主に対して掲載を降ろすように促した事が一つの要因とされており、実際に長年に渡って運営しているところはありません。

 

2〜3年周期で検索結果が入れ替わっており、googleの順位決定要素が変わったことも後押しとなりまして、中身の無い比較サイトは淘汰されていき、今に至ります。

 

そんな中で、「クレジットカード現金化 マニュアル」と検索をしてみると、換金する事を指南する内容が記述されている比較サイトを見つけました。

 

基本的に推奨されているのですが、その理由につきまして内容をまとめますと、以下になります。

  1. 便利
  2. 通常では出来ない与信枠を手元で掴み取れる・・・まあ一理あります。

     

  3. インターネットで出来る
  4. 実店舗も有りますが、確かにネットで出来るならば手間では無いです。

     

  5. 多重債務者でも大丈夫
  6. ・・・ムムッ!?より困難な状況に陥る可能性について一切危惧していません!!

     

  7. 職が無い人も大丈夫
  8. どうやって支払うつもりなんでしょう?というか他人事だからってこんな紹介の仕方はあり得ませんよね。

このように、とりあえず非の打ちどころが無い金策として紹介されているのですが、後半で記述したように困っている方に向けてとても有益では無い情報、いやむしろ悪い状況に陥れるようにリードさせている内容すらあります。

 

無職でも専業主婦でも年金受給者にもおすすめと言う事ですが、いずれも適さないことは真面な思考の持ち主であればそれが馬鹿げていると理解できるはずです。

 

しかし、当事者からするとこのような言葉に縋る思いで比較検討をされている中で、こうしたアナウンスをされている状況が普通に、誰の目にも見える状況にあると考えますと非常に恐ろしいことではないでしょうか。

 

昔から上手い話にはなんとやら、とよく言ったもので、世の中の常識が覆せるような画期的な金策は無いと理解してください。

 

何かを得るためには何かを失う社会ですが、既に首が回らない状態で策を講じても、自転車操業であり、雪だるまが転がって大きくなっていくことと同じことであり、終わりの無い地獄への入り口であるコトを理解してください。

続きを読む≫ 2015/11/23 13:01:23

クレジットカード現金化における問題につきましては、総量規制前後の年度が、最も国民生活センターに寄せられた相談件数が多いとされています。

 

近年はこれまでに存在していた悪徳業者の検挙や廃業にともなってお店の数自体が少なくなってきており、Amazonギフト券にシフトチェンジしてからも一時期はその数が戻りつつありましたが、既に利用者層が少なくなってきた事、犇めき合う広告枠の争奪により、結果的に新規参入や鞍替えを試みた業者は撤退している模様です。

 

利用者層の現象とは、総量規制の効果によって借金を抱える人の絶対数が減ったコト、さらに法改正によって新たに業界再編の動きが行われ、それまでの消費者金融の抱えていたイメージを、金融機関の傘下にする事で「銀行系カードローン」という造語を打ち出して、貸金業者に対する見方と総量規制対象外を売り文句に攻勢を強めていったコトが背景にあるのではないでしょうか。

 

当然広告規制が布かれているクレジットカード現金化には、他の金策サービスを打ち負かすほどの露出が展開出来ません。

 

そこで、既にサービスを知っている人が検索するであろうキーワードを占拠する為に、恐らく一枠数十万円当たりの料金を支払って掲載しているものと思われます。

 

そんな状況の中ですから、近年はWEB集客に期待できない事を悟ってか、電話営業に戦略を切り替えている業者も存在し、検索して中々出てこないけど営業は続けている、しかもそのお店の電話番号について検索すると沢山の人が検索をしている様子から、そのお店の営業内容を伺い知る事も出来ます。

 

いずれの運営内容につきましても、詐欺的な手口は変わらないとされており、特に買取式における振込時間に関するトラブルが後を絶たないと言われています。

 

これは、買取式ならほとんどの業者が決済完了後に一部だけは振込を行い、商品の送り返しを確認した後に残金を振り込まれる仕組みで、筆者も経験したのですが絶対に届いているはずなのに入金も連絡もしない、やかましく電話を続けると迷惑そうな態度で接客をされ、担当が居ないなどとホラを吹かれました。

 

当然私だけでは無かったようで、ネット上のあらゆる口コミサイトでは警察や関連団体に通報したという書き込みがありますが、業者は今でも営業を続けている模様で、決済に関するトラブルが多い為か、最近はAmazonギフト券の買取に全面移行したようです。

 

他にも、調査をし過ぎたせいか利用しなかったコトもアリ、名簿業者に横流ししているようで、この前はデート商法から電話が掛かってきた事もありました。

 

あらゆるリスクが存在している取引であると、改めて痛感しております・・・間違っても安易に利用しないでいただきたいと切に願います。

続きを読む≫ 2015/11/22 15:15:22

とりあえずクレジットカード現金化をしようと思い付いて、いきなり業者の申込みフォームへ入力する方はいらっしゃらないのではないでしょうか?

 

グレーで有る事は薄々と感じながらも、その詳細や内容は知らない、けど業者の紹介する取引の説明は何か良さそう・・・と第一印象としてはこんなことを感じると思いますが、それに割って入るかのように検索結果上では比較サイトと呼ばれるメディアや注意喚起を促している関連団体のページが表示されています。

 

それぞれで良し悪しを言い合うように、まるで言っている事が180°異なるような内容で、クレジットカード現金化を紹介しています。

 

このようなページをすべて閲覧した時に、貴方の頭は何が何だか雁字搦めになってしまうのではないでしょうか?並べられた情報と言う材料を調理するのは自分自身に有ります。

 

結局何を信じ、何を捨てるのか、そこで初めてクレジットカード現金化をするのかしないのか、どの業者にするのかという段階に移る訳ですが、サービスに対する向き合い方は、一番最初の「換金するかしないか」の際に決まるでしょう。

 

だからこそ、特に無収入とされる無職、失業保険等の何らかの援助を受けている求職者、専業主婦や何等かの事情で現在収入が無い方でも、過去に所属していた組織で、収入のあったころに作成した、あのクレジットカードさえあれば換金出来るとなりますと、まるで裏技のようにすら感じるでしょう。

 

しかし、それはあらゆる注意喚起をしている情報のように、一時凌ぎにしかならないことを考えてみてください。

 

いくら割賦払いにしたところで、あての無い収入がこれから先入ってくることの保証は無いのに、支払いの義務がある・・・とんでもない話ではありませんか?仕事が決まって給与日までの繋ぎであれば話はまだ分かりますが、行政からの給付金を収入としてカウントする事も本来の意味とは違う使い方をしています。

 

自暴自棄になってしまう事が一番恐ろしいことで、踏み倒したところで許されるコトでは有りません。

 

何とかなるだろうという意思虚弱な考え方で換金を行う事がいかに愚かな事か・・・まだその末路を経験していないからこそ楽観視していれられるのかもしれません。

 

家庭の有る方や、親族と親しく生活をしている方は、もちろん自分以外のクレジットカードを利用できるはずも有りませんし、一度ご相談された方が良いのではないでしょうか?顔の知れない店員よりも、身近な人に相談に乗ってもらう事の方がはるかに現実的です。

続きを読む≫ 2015/11/22 13:11:22

クレジットカード現金化の利用条件としてよく定義されているのは、まずは持っている事が第一前提であり、与信枠の残高の範囲内と言われています。

 

ということはですよ、年齢や職業に関わらずこの条件を満たすことが出来れば、換金は出来るという解釈が出来ますよね?未成年者や学生でもクレジットカードを所有する事は事実上可能ですので、逆に高齢でも大丈夫なのか、いろいろと比較サイトに掲載されている情報を調べてみました。

学生専用にプログラムが組まれたメニューがある

これはクレジットカード会社が提供するサービスを指し、換金業者が提供するものではありません。

 

クレジットカード会社としても利用者を増やさなければならず、それがこれまでに取得条件に達しなかった年代は、まさに格好の見込み客な訳で、当然与信枠は高くは有りませんが、もはや誰もが所有出来る時代が到来しています。

 

なかには学校が発行元となって在校生やOB向けに発行している希少なモノもあります。

 

未成年者でもクレジットカード現金化が出来る状態がこれで整いましたね?未成年者でもクレジットカード現金化を試みる事が出来る状態となっていますが、果たして業者は請け負うものなのか、掲載されている情報や問い合わせの内容を元に記述しますと、「断られます」。

 

これは買取式であれば特に分かりやすい事由が有り、20歳以上(学生含む)の本人確認が取らずに売買を請け負う事は、古物営業法上で禁止に規定されており、処罰される対象にあるからです。

 

他にも未成年者の購買行動におきましては、保護者の責任問題に発展する事により、自立した考え方が出来る様になると一般的に言われている20歳を超えてからという年齢制限がどの業者も設定されているようです。

 

しかし、比較サイトにて未成年でも大丈夫というタイトル付で紹介していた業者に問合せた結果がこのような形ですので、比較サイトが嘘の情報を並べているということになりますね。

 

そのような運営者の特徴と致しまして、記事のタイトルに「18歳(未成年)でも無審査でお金を借りられる」と入れ、結末はクレジットカード現金化業者の申込みへ誘導しています。

 

肝心の内容につきましては、未成年者とクレジットカード現金化の関係について掘り下げた内容では無く、なぜかいきなり換金についての説明になるのですが、ちょいちょうい未成年でも利用できるとする記述をします。
悪意ある運営者ですが、いろいろと調べますと某都道府県に在住している5,60歳前後の方の様で、若者を餌食にする悪意ある運営者がいる事を考えますと、情報発信者の顔が見えない事の恐ろしさを感じます。

続きを読む≫ 2015/11/20 18:32:20

クレジットカード現金化をする時には、特に初めて換金を希望される場合と乗換時における新店舗での初回利用時には非常に神経を使うと思います。

 

一番は何と言っても換金をしない事が望ましいのですが、他人がとやかく言う事では無いと思いますので個々の諸事情による仕方のない選択をされているでしょう。

 

私も働き始めて間もない時に、当時まだイベントが大盛況であったパチンコ・スロット店に通い詰めた際に負けが込みまして、当時黄色い看板で某グラビアアイドルが受付のお姉さん役で宣伝されていた消費者金融にお世話になりまして、低収入でしたからすぐに借入上限に達し、クレジットカード現金化に手を出すという絵に描いたような順序です。

 

期間限定で行われていた30日間金利0円キャンペーンに心が動かされたのが、私の金策の日々がスタートするキッカケになったのですが、本当に堕落した生活を送っていました。

 

借金の返済とクレジットカード現金化の債務に追われ、家賃も支払う事が出来なくなって実家に逃げ込むように引っ越し。

 

衣食住は親の脛をかじって凌げましたので、その後は仕事に励み欲には目を背けて全て完済しました。

 

完済したら終わり、というワケでも無く、何かする為にも貯金はし続けなければならない事は今回の件で身に染みましたし、それから私の節制ライフが幕を開けたのですが、ギャンブルに明け暮れていた時期と180°異なる生活スタイルで、人並みの経済環境を取り戻すことに成功しました。

  • 自炊をする
  • 鉄板ですね・・・朝ご飯と昼ごはんを食べて置けば、夜は食べなくても持ちますし、何しろ空腹状態で睡眠をとる事は非常に良い事で、目覚めも快適ですし朝食もおいしく感じることが出来て、早起きも出来るようになりました。

     

  • 風呂無し共同トイレ線路沿いのぼろアパート
  • 狭いキッチン的なシンクが付いていましたが、電車が通るたびに揺れる和室に、洗濯物は電車内から丸見え、強風が吹けば洗濯物が線路に・・・という何ともスリリングな物件は格安の家賃でした。

     

  • 電化製品無し(エアコンは有り)
  • 電気代を食ってしまう為に、あらゆる電化製品は購入せずに暮らしてみましたが、毎月の電気代を約1000円前後にエアコンは無いと死活問題です。

収入は簡単に増えない為に、趣味や取り組んでいる事に対してのお金は減らしたくなかったので、上記の様な人間として生活が出来る最低限の環境に仕上げた結果、1年間で収支を好転させることが出来ました。

 

個人的にもよくやったと思いますし、皆様にもおすすめしたいと思います。

続きを読む≫ 2015/11/20 17:06:20

クレジットカード現金化を実行する為には、今クレジットカードを所有していて、尚且つショッピング枠の残高が有ることが前提です。

 

でも、これからクレジットカードを作ろうとしている人は、本当に審査に通るのでしょうか?既にお持ちの方も2枚目以降の作成については、1枚目の利用状況がスコアリングに絡んできますので、1枚持っているから2枚目も大丈夫という保証はされていません。

 

初めてなら特に心配になりますが、所有していない状況でクレジットカード現金化を希望する場合、作成申し込みから最短でも2〜3週間前後の日数を要しますし、現在その状況にある方につきましては非現実的な金策方法となってしまいます。

 

クレジットカード現金化のために初めてカードを作るのは不安

 

クレジットカードを申し込むことが初めてだという人は、お金を借りたことがほとんどないはずです。

 

あっても携帯電話の割賦代金ぐらいでしょうか?誰もがクレジットカードの利用を許されているわけではなく、一定の基準を満たす必要があるわけです。

 

なぜならクレジットカードは個人の信用が肝心で、クレジットカードの勧誘も多いとは思いますが、ネットコンテンツの需要によって日本国内における発行枚数は常に右肩上がりです。

 

もし初めて申し込みをするのであれば、最初はクレジットカードの利用履歴もありませんから、ショッピング枠も50万円以下辺りで希望しましょう。

 

※収入が有ってその対象ですので、働いていない学生や主婦なら審査落ちが目に見えています。

 

年齢や定収入などの一定基準を満たせば作れるクレジットカード

 

与信を受ける為には審査が当然必要ですよね?逆の立場で考えれば変な人に使ってほしくないですからね。

 

審査基準は点数で表され、点数が高いほど評価が高くなります。

 

クレジットカードを所有出来たと言う事は、一定の信用があるという表れでもあり、多少なりとも困った時には借金をする事も出来ます。

 

利用して実績を積み重ねるからこそ、価値が増幅されるのがクレジットカードです。

 

クレジットカードはスコアリングと言われる評価項目が存在しており、勤務先・勤続年数・年齢・年収・居住年数・借金・電話回線・・・さらには信用情報機関への照会で、ローンなどの借り入れ状況、携帯電話の支払履歴も参照された上でクレジットカードが発行されます。

 

クレジットカードの加入の勧誘は集客と購入促進

 

誰でもクレジットカードに加入し、利用できる権利はもちろん有ります。

 

正社員で働いていれば、ほぼ作れるといってもいいでしょう。

 

クレジットカードを発行する会社もステイタス性や利便性をアピールしています。

 

提携カードでは、入会すると様々な特典がついていますが、これは「加入したい」と思わせる為の戦略であり、根底には利用者を増やし、自社の商品やサービスを利用してもらうことです。

 

発行のハードルが低い会社ほど、クレジットカード現金化に利用されている場合も多いのかもしれませんね。

 

まとめ

 

最初は利用履歴もありませんから、年齢や定収入といった一定の基準を満たし、個人の信用情報を照会して発行が決定されます。

 

クレジットカードは、集客は自社商品・サービスの購入を促すものです。

 

加入しやすいタイプはクレジットカード現金化に利用されやすいようです。

続きを読む≫ 2015/11/19 16:08:19

クレジットカード現金化の他にまずやることがある、と当サイトでは考えます。

 

他の方法があるのにコチラを選択してしまうと、最悪な状況に陥った時のコトまで掘り下げて考えると明白なのですが、債務整理を行う上でショッピング枠の支出については免責されない可能性が高いからです。

 

そうなりますと信用情報機関上においてブラックリスト(金融事故記録)の履歴が残されますので、「クレジットカード現金化でやらかしたから、正規の業者に申込みをしよう」などと考えても、申込みは出来ても審査で通らないという事態が待ち受けています。

 

仕方なく利用される方にとっては最後の手として残しておく事が好ましいのですが、それでは他の金策方法って何があるの?という事になりますが、数は少ないものの冷静になって考えてみれば意外にも身近に、リスクを出来るだけ抑えた形で実行できる手段はありますのでご紹介していきます。

  1. 売れる物は売る
  2. 非常にベターな方法ですが、最もリスクが無い金策であり、失うモノはその品と思い出でしょうか。

     

    車やバイク、自転車に装飾品から電化製品など、苦しい状況を打破する為には血と汗が滲む努力が求められていますからね…これくらいはしなければなりません。

     

  3. ゴメンナサイをする
  4. こんな状況に一個人のプライドなんてクソです。

     

    親族・知り合い・上司に泣き付いて見てはいかがでしょうか?当然煙たい顔をされますが、援助・借金を出来たらラッキーくらいの強靭な精神力を持って挑んでみてはいかがでしょうか。

     

  5. 行政に相談する
  6. なんと本年度春に、生活支援制度がスタートしたことをご存知でしょうか?これは相談員が親身になって解決策をプランニングしてくれる福祉サービスで、相談できる人が周りに居なかったり、これまでの行政では考えられなかった具体的支援策となっています。

 

他にもオススメは出来ませんが、正規の貸金業者や金融機関傘下のカードローンが有りますが、どれも営利目的で運営されている事により広告のデザインや文言による脳みそへの刷り込み戦略が尋常ではありません。

 

良くも悪くも情報が錯綜しておりますので、今後はより消費者の自己責任と判断の重要性が高まるのではないでしょうか?リテラシーも悩みも個々で異なりますので、断定的に「コレはコレ」「アレはアレ」と断言できることは皆出来ないのです。

 

誰もが教えてくれないからこそ、自分から踏み込む必要があると感じます。

続きを読む≫ 2015/11/19 15:10:19

クレジットカード現金化で購入する商品は、できるだけ換金性の高い物がいいはずです。

 

でも換金回数を重ねれば重ねるほどに、利用停止や退会の危険性が増加すると言われておりますから、どんな商品券がいいのか、換金性の高いものがあるのか?事前に知っておくと鬼に金棒ではないでしょうか。

 

クレジットカードで買える商品券が狙い目

 

商品券を買ったクレジットカード現金化をする場合、換金率が100%になることはないので、できるだけ100%に近い換金率の媒介物が選択されますが、基本的に商品券と言えば現金でしか買えないものもとする認識が一般的です。

 

しかし、クレジットカードで購入できる商品券が実は存在しており、具体的にはクレジットカード会社発行(国際ブランド)の商品券・ギフトカード、さらにはAmazonギフト券がその代表例として挙げられており、これらは総じて換金率が高く、98%以上でも買い取ってくれる場合があります。

 

さらに利用する機会の多い、全国デパートの商品券やクオカードも高換金率で金券ショップで取引されていますが、現金購入が基本的な入手方法ですからクレジットカード現金化には不向きな商品と言えます。

 

Amazonギフト券は例外と致しまして、他の有名商品券につきましては有効期限が無いこと、加盟店も多いことから捌けやすいとし、換金率も高くなっています。

 

だからと言って繰り返し決済を行うと、買った履歴が残っていますから換金目的での利用がバレてしまいますのでやり過ぎに注意してください。

 

有効期限に注意!

 

紙の商品券なら無期限で利用できる商品券も、ギフトカードやネットで発行されたものには、有効期限が設定されていることがあります。

 

つまり、そのまま持っていると、利用できなくなる恐れがあります。

 

せっかく買ったギフト券も、利用期限が切れたことで、一気に無価値になってしまうことがあるので要注意であり、これが買取価格に影響する一要因とされていますので、逆に期限が無い商品券程、買取をする側も楽に販売する事が出来る仕組みです。

 

利用期限のあるギフト券のクレジットカード現金化と言えば、Amazonギフト券です。

 

近年になって換金によく悪用されますが、有効期限が1年〜3年で期限が切れても一度だけ延ばせるようですが、うっかりミスのために用意された方法で、新しい有効期限でAmazonギフト券が発行されるようです。(あくまでも一回のみの救済措置だそう)

 

こんな商品券は換金率が低い

 

逆に換金率の低い商品券とはどのようなものでしょうか?商品券は何か物を買って欲しいために相手に贈るもので、根本的に換金するものではありません。(ここ肝心)

 

そのため、汎用性の低い商品券が換金率が低く設定される要因で有る事は前述したように、ビール券やグルメ券は既にその商品を買って欲しいがために贈るもので換金しにくいことから、クレジットカード現金化には向いていません。

 

その他、デザインが特殊なものや、古いもの、汚れているギフト券・商品券は誰が考えても分かる事ですが換金率は低くなります。

 

まとめ

 

クレジットカードで買える商品券やギフト券もありますが、種類が限られています。

 

汎用性が高いと換金率も高くなります。

 

利用用途が限定されている商品券は換金率が低くなります。

続きを読む≫ 2015/11/19 14:16:19

クレジットカード現金化を専業とするお店は、つい最近になって誕生した訳では無く、それこそ十数年以上のマーケットの歴史があると考えられます。

 

公式に関連省庁が特設ページを開いて注意喚起を始めたのは、2010年前後。

 

その後も根絶されるコトなく専業業者が存在しており、挙句には消費者目線や当局の視線を逸らすことを目的にしているのか、媒介物を世界的企業が発行するギフト券の売買に鞍替え、さらには売買を仲介するサイトとして六本木ヒルズに登記するなど、決して表には出ませんが巨額のお金が動いている事が分かります。

 

「良くない事ですよ」と普及活動が行われているにも関わらず、実際はこの現状ですからクレジットカード現金化は需要が高いのでしょう。

 

悩んでいる状況をいち早く解決できる方法として、あらゆるサービスが世の中に有る中で圧倒的なスピードで工面できるのはクレジットカード現金化ならではと言えますが、何しろ筋道立てて考えれば業者に利益を生み出す構造になっていますので、利用をすることで100%を超える換金を実現する事は不可能です。

 

メリットを紹介する比較・口コミ系サイトはたくさんありますが、デメリットについて記述されているページが少なく、多くの比較検討者がこの"気付き"に対して機会損失をしていると当サイトでは考えます。

 

ネット上に存在するクレジットカード現金化のデメリットについて要点を押さえましょう。

  • そのままの金額は換金出来ない
  • 相手はボランティア事業で運営されている事はありませんので当たり前のことです。

     

  • 業者によっては違法な取引である場合も
  • これまで逮捕された業者があるように、取引内容によっては利用者にトラブルが及ぶ可能性も。

     

  • 支払い期限に支払いが出来ないと信用を失う
  • 利用したら利用分の請求が来ますので、支払いが出来なければクレジットカードを利用できなくなります。

     

  • 債務整理上の免責が下りません
  • ショッピング枠の債務は私利私欲の利用である側面を考慮されている為に、他の債務とは違う扱いになっています。

このように、デメリットである項目の一つ一つが非常に重たいと言いますか、一時的な出来事の為に金策をするリスクとして考えるとその負担の割合が大きい気がしませんか?

 

無理して利用する必要がクレジットカード現金化には存在しない事を理解して頂けたのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/19 12:40:19